秋香園ロゴ ヘッド
ブランク
ブランク
生産品のご案内
オリジナル商品のご紹介
販売サポート体制
会社案内
環境への取り組み
トピックス
QA
お問い合わせ
アドレス

秋香園 企業のみなさまへ
ブランク
トピックス

本年もよろしくお願いいたします

 明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします、営業担当の大藪です。

 

 今年の目標は、冬のお鍋だけではなく、夏場のきのこを皆様にたくさん食べていただけるように、色々な提案をしていけたらと思っております。

 

 九州産のきのこ、当法人のきのこを今年もよろしくお願いいたします。

 

スタッフブログ   2017/01/04

久しぶりの更新です

 秋香園の営業担当です。わたくし事ですが、第三子が無事に誕生し1ヶ月が経ちます。嫁と子供たちが、嫁が実家から戻り、良いのか・・・・?悪いのか?また騒がしい日々がはじまりました。三人の子供の父親として営業活動も頑張ります。

スタッフブログ   2015/04/20

菌掻き作業について・・・

今回、担当はしめじ工場の山本です。

冬の時期になり、キノコの生産も最盛期を迎え私の仕事も大忙しです。

 

今回は、私が行っている仕事をご紹介します。

 

私の仕事は、菌掻き作業と言いまして培養から生育に入れる間に行う作業です。

              菌掻き機.jpg

 

菌掻きは培養ビンのキャップを取り、床面上を丸く残し、外側を削り、水をかける作業です。すべてが機械でライン化されています。

              菌掻き前.jpg

 

              菌掻き後.jpg

 

綺麗に揃って削る事が使命です。綺麗に揃って削ることで良いきのこができると言われています。

 

1日、約25000本の培養ビンを行います。

パックにして5万パック分です。すごい量ですよね。

 

今日も私は菌掻き作業を頑張って行っています。 

スタッフブログ   2013/01/16

1.3kg菌床準備中

三八松工場、詰め込み担当の馬場です。

 

12月より1.3kg菌床の製造が本格的に始動します。

 

11月は試作や作業の効率が良くなるように実践練習しながら、12月に備えております。

 

手短にどんな機械でどんな物ができるのかご紹介いたします。

1.3kg詰機.jpg

写真の機械が1.3kg菌床製造用袋詰め機です。この機械で1日で約1000個弱を目安に詰める予定です。

 

もう1つの写真が実際に詰め込みを行い、釜殺菌から接種まで行った物です。 

1.3kg菌床.jpg

スタッフブログ   2012/11/21

雨です・・・

スタッフブログ二巡目、今回は大坪が担当致します。

私はよく洗車をします。先日も洗車をした所です。

ですがお気づきの方もいると思いますが、この時期はほんとに困ったものです。

案の条次の日は朝から大雨、まいりました(笑)

 

私は毎日培養室という建物の中での仕事に携わっています。

室内は涼しく湿度も保たれていますので、今からの季節は外とのギャップがあり、体調には気をつけておかないと、体がだるく感じる事があります。

私は家ではク?ラ?を使いません。夏のクーラー病対策です。

常に水分を補給し、網戸にして扇風機でしのぎます。

馴れれば大丈夫です^ー^

 

今回業務報告としましては、私が管理しているきのこが生えてくるビンの写真を1枚撮ってみました。

培養ビン

左側の中の培地が茶色っぽい方は、きのこの菌が廻っていないもので、全て菌が廻ってしまうと、右の白っぽい感じに見られるようになります。

今は全て菌が廻ってしまうのに、早いもので35日から40日位をかけて廻ります。

菌が廻ってしまうと、見た目はどれも同じように見えますが、ビン内の熟度や種の品種によって、生えてくるきのこの状態が変わります。いかにビン内の熟度を上げ、安定したきのこを作るかが求められる所です。

 

夏が終われば食欲の秋、寒くなれば鍋など特にきのこが好まれる季節がやってきます。

その為にも夏バテに気をつけ、これからもまたやっていこうと思います。 

スタッフブログ   2012/07/13

アンダーバー